海外転職、駐在

【英語でグローバル転職!】外資系・英語求人に強い転職エージェント4社!

さな
さな
こんにちは!さなです。
今回は、英語を使って仕事をするために知っておくべきこと。
外資系・英語求人に強い転職エージェントも含めてご紹介します。

●英語を使って仕事がしたいけど、どれくらいのレベルが必要なの?
●外資系企業で働くためには英語は必須なのか?
●外資系・英語求人が多い転職エージェントを知りたい。
●英語使用の業務内容ってどんな感じ?

本記事は、このような質問・疑問を持っていらっしゃる方に向けた情報シェアとなります。

私は日本と海外を行ったり来たりしながら、3か国語(日・英・西)を使って
15年ほどお仕事をしています。

数々の転職エージェント(特に語学系、フリーランス系)にお世話になり、
四苦八苦しながら、悩みながら、失敗しながら、語学使用のお仕事を10社ほど経験してきました。

現在は大手外資系企業で英語使用のお仕事をしています。

過去に、お仕事をさせていただいた下記企業様、

●大手自動車メーカー(海外)
●大手ソフトウェア開発メーカー
●大手IT系メーカー

での就業経験を基にして記事を書いています。

英語を使って仕事をするために必要なレベルとは?

結論は、業務内容次第です。

海外営業で外国人と交渉や折衝をするようなお仕事もあれば、英文事務で英語レポートが読めれば良いというレベルまでまちまちです。

転職であれば、
まずは、自分のキャリア(一定期間の実務がしっかりしていること+英語スキルと考えた方が良いです。

例えば、

●人事業務で5年 + 英語初級
●法人営業で7年 + 英語初級
●経理業務で8年 + 英語初級

キャリアの土台がしっかり証明できれば、
英語スキルに関しては、入社時には初級でも、業務をこなすことで徐々にレベルアップすることも可能です。

実際の例を次項で説明していきます。

外資系で働くために英語は必須なのか?

こちらも、結論は、業務内容次第です。

現在、大手外資系企業で働いていますが、日本人全員が英語が話せるわけではありません。

外資系ということから、海外拠点も多いですし、日本に駐在している北米系・アジア系の社員も多いです。

英語の社内システムは多いですが、
事務職の方の中には、英語が得意ではない方もいらっしゃいますし、私の周りの男性営業の方々も、現在勉強中の方、片言でインド人と英会話している方等々、

英語レベルはまちまちです。

日本人が英語を習得するまでに、
インド人やアメリカ人社員が日本語を覚えてコミュニケーションが成立している。という状況も結構あるあるです。

もちろん、
社員の方々は、各分野(例:人事、総務、財務、エンジニア等々)一定のキャリアを積んだ方が多いです。

しかし、
英語レベルに関しては、必ずしも、

外資系企業 = 英語必須

ではないので、

気負わずに是非チャレンジしてみてください!

外資系・英語求人が多いおすすめの転職エージェント4選

外資転職.com JAC Recruitment無料転職サポート

公式サイトはこちら

【概要】
●転職支援実績 約43万人
●コンサルタント人数 約1200名
●友人への推薦度 94.5%
●年収600~2000万円

JACリクルートメントは、ハイクラスに特化した転職エージェント最大手です。

ロンドン発祥、世界11か国をつなげる独自のグローバルネットワークを持ち、

ミドル・ハイクラス求人、管理職・専門職求人が強みで、海外にも拠点があり、求人の約6割は外資系企業の求人です。

すべての業種の求人を取り扱っており、
年収600~1500万円の高収入の非公開求人も多数。

コンサルタントは企業と直接連携しており、
それぞれの企業文化や事業戦略も把握し案件紹介をしてくれます。

ハイクラス案件が多いため、求人数で比較すると他社には少し劣るようですが、案件の質は極めて高く、JACリクルートメント独自の案件も紹介してくれます。

特に、30代以上の一定のキャリア形成が整った方にオススメです。

 

ランスタッド株式会社

公式サイトはこちら

【概要】
●世界を舞台にした60年の支援実績
●年収1000万円以上の求人 常時5000件以上
●世界39か国で人材ビジネスをする外資系転職エージェント

ランスタッドは、オランダで設立された世界最大級の転職エージェントです。

少数精鋭の敏腕コンサルタントが、
中・長期的なキャリアプランも見据えた最適な求人を提案してくれます。

多くの外資系企業、国内優良企業様と強いコネクションを持ち、国内トップクラスの手厚いサポートで若手ハイクラス層~管理職の転職を支援しています。

ユニコーンから大手企業、業界最先端、新鋭企業、S&P500企業、スタートアップ等々さまざまな外資系求人を取り扱っています。

【リアル体験談】
派遣や短期求人の取り扱いもあります。

私はランスタッドさんから国内大手IT系企業様を紹介していただき、派遣社員として勤務していたこともあります。国内・外資系IT企業の案件を多く取り扱っていらっしゃる印象です。

 

ビズリーチ

公式サイトはこちら

【概要】
●ヘッドハンティング型エージェント
●全体の3分の1が年収1000万円クラス
●海外勤務前提のスカウトもある

ビズリーチは、ヘッドハンターから直接スカウトが届くシステムとなっています。

なんと約4000人の登録ヘッドハンターが即戦力人材を求めています。

転職成功者のアンケート結果では、
会員の7割が「思いもよらぬ企業やポジションのスカウトがきた」と回答。

8割以上がスカウトメールで転職を成功させています。

他社では出会えない希少な求人も取り扱っているようなので思わぬ嬉しいお知らせがくるかもしれませんね!

 

パソナキャリア


公式サイトはこちら

【概要】
●「転職エージェント」3年連続総合1位を獲得
●25万人の転職成功実績
●転職者の年収アップ率67.1%

パソナキャリアは、女性の転職に強く、サポートが充実していることで有名です。

各業界・職種に専門特化した熱心なキャリアアドバイザーが、様々な角度から転職者をサポートし、ひとりひとりに合った『正しい転職』を提案してくれます。

ネットの口コミ評判も良く、女性に人気があるエージェントです。

【リアル体験談】
派遣や短期求人の取り扱いもあります。

私はパソナさんから大手ソフトウェア開発メーカー様を紹介していただき、短期契約社員としてスペイン語使用のお仕事を紹介していただきました。
時給も高く、担当者の対応もとても親切でした。

 

英語使用の業務内容ってどんな感じなの?

「英語を使って仕事をする」っと言ってもさまざまです。

まずは、自分がリーディング、ライティング、スピーキングのどの英語スキルを使用したいかを明確にすることをおすすめします。

でないと、せっかく転職したのに、、、

●外国籍の同僚と英語で話して仕事をしたかったのに、実際は英文メールでしかコミュニケーションしていない。
●英文書類はよく見かけるけど、実際英文メールも書かないし、話す機会もない。

なんてことは結構あるあるです。私も一度失敗しています。。。

自分の使いたい英語スキルをしっかりエージェントに伝えましょう。

「英語はそんなにできないし。。。」という
日本人的な語学レベルの判断をすると損をします。

日本人の「そんなに」は、結構できるレベルであることが多いです。

例えば、

リーディングとライティングが少しできるなら、、、
・社内システムが英語仕様、英文資料の取り扱いがある英文事務
・英文メールやチャットで海外拠点との会議設定等をメイン業務とする秘書業務

リスニングとスピーキングも少しできるなら、、、
・外国籍社員がいるグローバル企業や外資系企業での英文事務
・海外拠点とWEB会議で議事録を取るような英文事務
・海外拠点とコミュニケーションが必要な海外営業  等々。

さまざまな転職エージェントをご紹介してきましたが、各エージェントがそれぞれの強みを持っているので複数登録することをお薦めします。

皆さまの転職大成功を心から祈っております!